メンテナンス&カスタムNOTE

エアコンガス変換
R12→134a

オレのカマロは手に入れた時(2003年4月)よりエアコンガスがぬけていました。
CONV.なんで幌開けてる時は関係なくても雨の日とかキツいんで直す事にしました。
選択肢は2つ
そのままR12を補充する!!or134aに変換してから補充!!
コストの事を考えると(R12は134aの約3倍の金額)134aにしてからの補充の方が
安かったのですが、「ガスが抜けてるという事はどこかから漏れてる!」と言う事で今回は
R12のまま補充してそこを修理してから変換にしました!
ところが、近所のイエロー
でこの作業を断られてしまいました。
理由は「ガスが抜けすぎてて真空引きをしないと補充できない!」という事です。
「どうせ真空引きをするなら!」と言う理由で急遽ガスを変換する事にしました。
今回の作業は自分では出来ないので知り合いのお店に頼みました。
その経過をレポートします。


思いっきりバレてますけどオレのRSは色替え車です!!(笑)
今回使用したのは
R12→134a変換キット(写真左)7,000円くらい
補充用エアコンオイル(写真中)1,900円くらい
134aガス(写真右)
300円/一本
変換キットは発売元のサンケンで入手!!
そこで直接相談してエアコンオイルも不足している可能性があるので
補充用エアコンオイルも調達!!
エアコンガスは知り合いから譲ってもらった!!一応5本用意した。
知り合いのアメ車屋で工賃は8,000円と言われていた。
ここがそのエアコンユニット!!
バルブに付属のフィッティングを取り付けた図
この機械で真空引きを行う!
中に残ってるR12のガスを全て取り除くのに
約1時間かかりました。
ここで問題発生!!
下にあるバルブからガス漏れを発見!!
本当ならガス漏れを直してから作業をすればいいんだけど
あまりの暑さと「134aならガス代安いし!!」と言う事で
バルブを締め付け強行!!
「漏れなきゃラッキー!!」
って事で!
 まず最初に134aのガスを一本入れる!
これでエアコンの圧力センサーを解除させる。
次にエンジンを掛けてエアコンを動かす。MAX

その後変換キットと補充用のオイルを注入する!!
どちらが先でも良い!!
  その後134aを補充!!
今回は3本入れた!
今回はこの方に作業をしていただきました。!
今回、バルブに一抹の不安を残しながら作業終了!!
あと134aのガスも3本しか入れませんでした!
理由はR12より134aの方が圧力が高いので入れすぎると「エアコンのシステム自体を
壊してしまう」との事です。エンジンの回転数が上がるとそれに比例してガス圧も高くなるようです。
3週間たった今でもちゃんと冷えてるし
良しとしましょう!!(笑)

Jun'sCAMARO TOPへ